楽山日記(LD)

ヤフーブログから引っ越してきました。特にテーマは決めずに書いてますが、スピ系の文章が多めです。若気の至りでハマってしまった宗教についても書いてます。よろしくお願いします。

三島由紀夫とスウェーデンボルグ(『川端康成・三島由紀夫の往復書簡』)

川端康成・三島由紀夫 往復書簡

*三島由紀夫とスウェーデンボルグ
 『川端康成・三島由紀夫の往復書簡』をつまみ読みしていたら、三島由紀夫がスウェーデンボルグに触れている箇所があったので、メモしておきたい。
十一日は籠をにげだした小鳥のやうに神田の古本屋を歩きまはり、六年来探してゐた、スウエーデンボルグの「天国と地獄」をみつけて有頂天になりました。

(『川端康成・三島由紀夫 往復書簡』新潮社、1997年、p.42)
 川端康成がスピリチュアリズムに関心を持っており、その影響を受けた作品も書いているという話は聞いてはいたが、三島由紀夫もその方面に興味を持っていたとは不覚ながら知らなかった。もっとも川端康成に話を合わせてそのようなことを書いたのかもしれぬが…。
 今度からは三島由紀夫の著作を読むときは、この点に気をつけて読もう。


*憑依
 本書の巻末には、佐伯彰一と川端香男里の対談が収録されているが、そこにはこんな発言があった。
佐伯 四十一年六月号の「文藝」に載った「英靈の聲」は、ふっと何かにとりつかれたように一気に書き上げた、と三島さんご自身の口からうかがったな。その後、美輪明宏に会った時、「三島さん、あなたに霊がついてるよ」って言われてギョッとしたという話を、三島さんは例の誇張したおどけた調子でおっしゃられたことを覚えています。

(同上、p.215)
 以前、某匿名掲示板にて、三島由紀夫は「英靈の聲」を書いたときに、226事件の首謀者の霊に憑依された云々という話を読んだことがあったが、その元ネタはこれかもしれぬ。
 「英靈の聲」は最恐ホラーよりもさらに怖いと思ってはいたが、やはりいわくつきの作品だったということか。

(以下は、心霊的な話題に踏み込むのでプライベートモードで失敬)
続きを読む

過去の議論を振り返る(ブログ村騒動)


*ブログ村騒動の本質
 ブログ村絡みの記事が、人気記事にランクインしていたので読んでみた。
 

 おもしろいことに、すでにこの時点で、ブログ村における騒動の本質を喝破していた人がいたようだ。
379 :神も仏も名無しさん:2016/01/24(日) 22:30:56.73 ID:Ok3s0TQB
ブログ村とかは貼らんで良い。
あそこは、足らざる信者とエル・カンターレ信仰は確立しているものの、若干、裁き波動が強いメンバーが集いしエリアなので・・・
貼るなら、
桜さくやさんの「理想国家・日本の条件」
とか
土佐のくじらさんの「幸福うさぎ丸」
とかのブログを貼って欲しい。(笑)

http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/psy/1453102704/
[注 名前を太字にし、空行を設けておいた。以下同]
 これは2ちゃんねるの幸福の科学統合スレに常駐していた現役信者のゼロ氏の書き込みだが、ブログ村騒動は「足らざる信者とエル・カンターレ信仰は確立しているものの、若干、裁き波動が強いメンバー」というのはアタリだろう。
 ぽん吉陣営とガンレオ陣営の対立構造はまさにこの構図だった。


*ブログ村騒動の評価
 ブログ村騒動をどう見るかについては、次の会話が参考になる。
292 :毒の字 ◆fO5HgwbXLs :2016/01/24(日) 00:32:34.61 ID:Qfj0wTeR
ブログ村の言い合いとか興味あるやついんのかw

294 :聖杯と剣 ◆mV44sBgxwA :2016/01/24(日) 00:34:20.38 ID:qO0Li+aD
>>292
たかし軍団の性格がよくわかって面白いじゃないかw

296 :毒の字 ◆fO5HgwbXLs :2016/01/24(日) 00:37:20.83 ID:Qfj0wTeR
>>294
あ~?あんなのはね、信者の興味すらそそるのむりね
ちいさいところでぐるぐるやってたらいいのだよ

300 :聖杯と剣 ◆mV44sBgxwA :2016/01/24(日) 00:45:57.79 ID:qO0Li+aD
たかし教自身が「ちいさいところでぐるぐるやって」いるのだけどな。

http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/psy/1453102704/
 毒の字氏は現役信者、聖杯と剣氏は元二世信者で現アンチ。
 ちなみに自分は聖杯と剣氏寄りの立場だった。ブログ村騒動は、自分が支部で見た信者同士のいざこざの再現のようであったし、興味深いものがあった。深入りしすぎて火の粉が降りかかってきたのは困ったが…笑。


*もう一つ
 こちらの記事も、人気記事にランクインしていたので読んでみた。

信者・アンチのブログを読む 16
 
 こんな記事を書いた記憶は少しもないのだが、ここにこうしてあるということは、やはり書いたんだろうな…笑。
 この記事の感想は、追記の形でこちらの記事の末尾に書いておいた。



道から外れることはできるのだろうか?(『神皇正統記』北畠親房著)


*道とは?
 『神皇正統記』を読んでいたら、気になる文章があったのでメモしておきたい。
古の聖人は「道からはかりそめにも離れてはいけない。ちょっとでも離れることができるようなものは道とはいえない」と言っている。

(『神皇正統記』北畠親房著、松村武夫訳、教育社、1990年、p.111)
 前々から、「『道を踏み外してはいけない』とか、『真理に反した行いをしてはいけない』というけれど、そもそもすべてを統べる真理、法というものがあるとして、そこから外れることなんて可能だろうか? 外れることができた時点でそれはすべてを統べる真理でも、法でもないことになるのではないか」という疑問を持っていたので、「ちょっとでも離れることができるようなものは道とはいえない」という一文は我が意を得たりという心持ちがする。
 もっともこれはこの一文だけに注目した自分の解釈であって、この文章全体の意味は、君に忠、親には考を尽くすのが人の道であって、これに反してはならぬ、もしそうするなら相応の報いがあり、無事には過ごせぬだろう、人は道から離れては生きては行けぬものなのだということなのだろうけど…。





◇◆ 追記 2021.5.9 ◆◇


*詩編

 この記事を書いたあと、ツイッターを見たら、詩編139が話題になっていた。
どこに行けば/あなたの霊から離れることができよう。/どこに逃れれば、御顔を避けることができよう。/天に登ろうとも、あなたはそこにいまし/陰府に身を横たえようとも/見よ、あなたはそこにいます。

(詩編139:7-8)
胎児であったわたしをあなたの目は見ておられた。/わたしの日々はあなたの書にすべて記されている

(詩編139:16)
 なんとなしに、お釈迦様から離れることのできない孫悟空を連想してしまうが、人は全能者の定めた範囲から一歩も外にでることができないというのはその通りではあろうと思う。


ギャラリー
  • 三島由紀夫とスウェーデンボルグ(『川端康成・三島由紀夫の往復書簡』)
  • 神に通じる祈りとは?(『神皇正統記』北畠親房著)
  • 『万人に語りかけるブッダ 「スッタニパータ」をよむ』雲井昭善著
  • 『誰もが聖書を読むために』鹿嶋春平太著
  • 宗教を信じたくとも信じられない人(『ジョイランド』スティーヴン・キング著)
  • 『反オカルト論』高橋昌一郎著
  • 『現代語訳 論語と算盤』渋沢栄一著、守屋淳訳
  • 『はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆襲』佐藤優著
  • 「自由の意味」田中美知太郎著
  • 「死について」西尾幹二著
  • 「私の聖書物語」椎名麟三著
  • 『SNS暴力 なぜ人は匿名の刃をふるうのか』毎日新聞取材班著
  • 「鬼滅の刃」と「スピリチュアリズム」
  • 『国民の歴史』西尾幹二著
  • 『母』三浦綾子著
  • 信仰と経験(『わるい夢たちのバザールⅡ 夏の雷鳴』スティーヴン・キング著)
  • ヨブ記とスティーヴン・キング(『わるい夢たちのバザールI マイル81』)
  • 『余はいかにしてキリスト信徒となりしか』内村鑑三著
アーカイブ
メッセージ
記事検索
  • ライブドアブログ