安岡正篤『易と人生哲学』

*第一歩
 自分には本書の価値をうんぬんできるような学問はないのだが、本書は易経入門としては良書ではないかと思う。特に六十四卦の解説は圧巻である。
 これまでは難解な断章の集まりである易経を通読することさえできずに途方に暮れていたのだけれど、本書によってそれは見当違いであって、実際にはそれぞれの文章は断章と言うよりも、相互に深く関連しており、その順序にも意味があると教えられたのは有り難いことである。
 自分には易経はちんぷんかんぷんで、独学は無理そうだったので、どこかに良い入門書はないかと探していたのだが、本書に巡り合うことが出来たのは良かった。我ながら運がいい。
 著者はこの他にも易経について書いているようなので、ぜひそちらも読んでみたいと思う。