『ブッダという男』清水俊史著

*話題の本
 『ブッダという男』を読んでみた。業、輪廻、縁起、無我などの各論点について、仏典におけるブッダの言葉を踏まえた上で端的にまとめてある良書だと思う。


*相対化
 また本書では、これまでにブッダに関して唱えられた各説について、それを唱えた学者名を明示した上で批判がくわえてあるのはありがたい。『イエスという男』の田川建三氏も同様の書き方をしているけれども、これは本当にありがたい。
 恥ずかしながら自分のように無学で権威主義的な者は、学者間での議論に無知なままに、たまたま読んだ本に書いてあったことをそのまま鵜呑みにしてしまいがちである。でもそういう自分であっても、本書のように、誰それの意見にはどのような難点があると指摘してあれば、さすがにそういう間違いを犯さずに済むのだ。
 だから他の学者の意見に対する批判を、あいまいにして誤魔化すことなく、はっきり書いてくれる著者には心から感謝したい。ここは類書にはない、本書の特に優れているところだと思う。


*ブッダを語ること
 ところで、キリスト教の方では、「イエスを語ることは自らを語ることだ」という話があるそうだが、本書を読んでいて仏教でも同じことが言えそうだと感じた。ブッダを語ることは自らを語ることに等しいのではないかと。
 少なくとも仏典に基づいて語るならともかく、仏典から離れて自分自身の解釈が多くなればなるほど、その傾向は強まりそうではある。