楽山日記

ヤフーブログから引っ越してきました。特にテーマは決めずに書いてますが、スピ系の文章が多めです。若気の至りでハマってしまった宗教についても書いてます。よろしくお願いします。ヤフーブログの楽山日記と区別するために、ブログタイトルの末尾にLDとつけていましたが、ヤフーブログはなくなったので、末尾のLDも削除することにしました。

スピリチュアル

『真理の謎 心霊界の解明』エンゼル森永著

『幸福なる人生 ウォレス伝』渡部昇一著

『潜在能力点火法』三木野吉著

神はいるのか、いないのか?(『あさっての風』三浦綾子著)

神は存在する? 存在しない?

神と神概念

祈りと平安(『アウトサイダー』スティーヴン・キング著)

高級な神秘体験とそれ以外の神秘体験、およびその見分け方(『宗教的経験の諸相(下)』W・ジェイムズ著)

神秘体験の影響力(『宗教的経験の諸相(下)』W・ジェイムズ著)

神秘体験の初歩段階(『宗教的経験の諸相(下)』W・ジェイムズ著)

救い、悔い改め、予定について(『聖なるもの』オットー著)

神に通じる祈りとは?(『神皇正統記』北畠親房著)

宗教を信じたくとも信じられない人(『ジョイランド』スティーヴン・キング著)

「死について」西尾幹二著

「鬼滅の刃」と「スピリチュアリズム」

信仰と経験(『わるい夢たちのバザールⅡ 夏の雷鳴』スティーヴン・キング著)

内村鑑三とスピリチュアリズム(「死後の生命」内村鑑三著)

アンチクライスト(ツイッターより)

批判から生じる恨みと怒り(HS信者のツイート)

「すべては神の御心のままに…」という祈り

「もしも天があるなら、」(『黄昏の岸 暁の天』小野不由美著)

自分の確信を疑わない人(『華胥の幽夢』小野不由美著)

祈りについて(『図南の翼』小野不由美著)

映画『赤々煉恋』を見た。

映画『プルーフ 神の存在』を見た

正直に疑う人(シルバー・バーチの霊訓)

信仰と救い、どちらが先か?

霊言の判断方法(シルバー・バーチの霊訓)

改心とゆるし、どちらが先で、どちらが後か?

素朴な真理(シルバー・バーチの霊訓)

自分の良心の命ずるままに(シルバー・バーチの霊訓)

人のためにできること(シルバー・バーチの霊訓)

『シルバー・バーチの霊訓(二)』シルビア・バーバネル編、近藤千雄訳

信仰心と霊格の関係(ツイッター)

『〈霊〉の探究 近代スピリチュアリズムと宗教学』津城寛文著

『スピリチュアリティの興隆 新霊性文化とその周辺』島薗進著

『シルバー・バーチの霊訓(一)』アン・ドゥーリー編、近藤千雄訳

真理を語りつくした宗教は存在しないということ

信と疑のバランスを保つこと

組織の奴隷になってはいけないということ

三魂説について(「妙貞問答」)

『実践 快老生活』渡部昇一著

エゴと信仰(『滅びゆく日本へ 福田恆存の言葉』)

「信仰と懐疑」羽仁もと子著

「無駄なこと」についての対話

神義論、弁神論についての対話 3

神義論、弁神論についての対話 2

神義論、弁神論についての対話 1

因果応報についての対話 2

因果応報についての対話 1

ギャラリー
  • 『ブッダという男』清水俊史著
  • 『光る国神霊物語 大悟徹底の手引書』門田博治、花井陽三郎著
  • 『易と人生哲学』安岡正篤著
  • 『ほくろの呼び鈴 父 実篤回想』武者小路辰子著
  • 『『涅槃経』を読む』高崎直道著
  • 『魔女狩り』森島恒雄著
  • 『国史総論』内田銀蔵著(昭和17年)
  • 『私の記録』東久邇宮稔彦著(昭和22年)
  • 『私の記録』東久邇宮稔彦著(昭和22年)
  • 『皇国体の真髄』松永材著(昭和15年)
  • 『皇国体の真髄』松永材著(昭和15年)
  • 『皇国体の真髄』松永材著(昭和15年)
  • 『皇国体の真髄』松永材著(昭和15年)
  • 『韓国 堕落の2000年史』崔基鎬著
  • 『宣戦大詔謹解』朝日新聞社刊(昭和十七年三月)
  • 「小学」(新釈漢文大系 第3巻)
  • 「小学」(新釈漢文大系 第3巻)
  • 『人類の物語 ヒトはこうして地球の支配者になった』ユヴァル・ノア・ハラリ著
アーカイブ
メッセージ
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ