楽山日記(LD)

ヤフーブログから引っ越してきました。特にテーマは決めずに書いてますが、スピ系の文章が多めです。若気の至りでハマってしまった宗教についても書いてます。よろしくお願いします。

無宗教 無神論

「新無神論bot」を見てみた(1)無神論を支持する有名人

これからの宗教と無神論(中村圭志氏のツイッター)

「リチャード・ドーキンスbot」を見てみた。(3)信仰について

「リチャード・ドーキンスbot」を見てみた。(2)利己的な遺伝子

『信じない人のためのイエスと福音書ガイド』中村圭志著

ドーキンスの話

「エル」の意味とは?(『基督抹殺論』幸徳秋水著)

宗教とアニメは同じもの?

『モラル・アニマル(下)』ロバート・ライト著

『モラル・アニマル(上)』ロバート・ライト著

『若い読者のための『種の起源』』ダーウィン著、ステフォフ編著

『ブラインド・ウォッチメイカー : 自然淘汰は偶然か?』ドーキンス著、中嶋康裕ほか訳

是々非々について (宗教には向いていない人)

児童虐待についての宗教的解釈は? (『カラマーゾフの兄弟』ドストエフスキー著)

神が無ければ、すべてが許される?(『カラマーゾフの兄弟』ドストエフスキー著)

人は死んだら終わり、虚無になる? (『群像 2018.3』)

宗教・思想を、すぐに相対化してしまうのは悪い癖なのだろうか?

『人間機械論』ド・ラ・メトリ著、杉捷夫訳(岩波文庫)

正邪善悪と趣味の問題

カルト宗教に蔓延している無神論!

神を信じていても、無神論とされることがある?

日本が平和なのは、無宗教のおかげ?

霊界に還るときのことを思えば、無宗教が一番よい?

無神論者の方がマシかな

死後の生を信じた理由(信仰という願望)

神様はいても、いなくても、どっちでもいい?

無宗教のつらさといいところ(ブラック・ジャックとドクター・キリコ)

有神論も、無神論も、同じようなもの?

無神論に存在価値はあるのか?

無宗教と宗教心(無宗教者には宗教心はないのか?) (武者小路実篤「或る男」)

寄生バチは怖ろしい(自然と善悪)

『面白くて眠れなくなる人類進化』左巻健男著

棄教と罪

無神論はやさしい?

『人間とは何か』マーク・トウェイン

『脳のなかの幽霊』ラマチャンドラン、ブレイクスリー著

無宗教の中身

『進化とは何か ドーキンス博士の特別講義』ドーキンス著(早川書房)

有神論と無神論?

僕は日本教徒 (『日本教徒』山本七平=訳編)

唯物論のやさしさ

命の尊さと進化論

無神論は信仰か

無意味さに耐えられるか

無神論の怖ろしさ

無神論の悲哀

人は機械なのか (マーク・トウェイン『人間とは何か』)

進化論のおもしろさ

生存の消滅 (『ブッダのことば -スッタニパータ-』)

ギャラリー
  • 『かがみの孤城』辻村深月著
  • 『「孝経」人生をひらく心得』伊與田覺著
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』半藤一利著
  • 『安岡正篤「こころ」に書き写す言葉』安岡正篤著
  • 『「原因」と「結果」の法則』ジェームズ・アレン著、坂本貢一訳
  • 『偽書が揺るがせた日本史』原田実著
  • 『清張さんと司馬さん』半藤一利著
  • 『「人間」らしさの構造』渡部昇一著
  • 『私の死亡記事』文藝春秋[編]
  • 『超訳 種の起源』ダーウィン著、夏目大訳
  • 『残酷な進化論 なぜ私たちは「不完全」なのか』更科功著
  • 『釈尊のさとり』増谷文雄著
  • 『神秘形而上学入門』平一著
  • 『心經入門 彼岸からのメッセージ』平一著
  • 『精霊の息吹を受けて 溝部司教説教集』溝部脩著
  • 『幸福なる人生 ウォレス伝』渡部昇一著
  • 『国民の修身』渡部昇一監修
  • 『超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか』リチャード・ワイズマン著、木村博江訳
アーカイブ
メッセージ
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ