楽山日記(LD)

ヤフーブログから引っ越してきました。特にテーマは決めずに書いてますが、スピ系の文章が多めです。若気の至りでハマってしまった宗教についても書いてます。よろしくお願いします。

カルト

信者の傲慢さとマインド・コントロール

『日本奇僧伝』宮本啓一著

講演会について(幸福の科学とキリスト教)

『香山リカのスピリチュアルを考えよう!〈2〉占い・カルト宗教ってなに?』香山リカ、中塚圭骸共著

『香山リカのスピリチュアルを考えよう!〈1〉霊感ってなに?』香山リカ、中塚圭骸共著

エゴと信仰(『滅びゆく日本へ 福田恆存の言葉』)

キリスト教では輸血を禁ずることはない? (異端とカルト)

『仮想儀礼(下)』篠田節子

『仮想儀礼(上)』篠田節子

宏洋氏の動画を見てみた!

『ウチの母が宗教にハマりまして。』藤野美奈子

カルトに騙されやすい人

カルトに騙されても、先に進むことができる人

師には絶対服従すべきなのだろうか?(『カラマーゾフの兄弟』ドストエフスキー著)

カルトとマインドコントロールについて (過去記事まとめ)

カルトの手口 (災害などに乗じるやり方)

★カルト体験 (信仰と疑のバランス)

★カルト体験 (人間観の問題:人は神性を有する神の子だと思い込み過ぎると、反省できなくなってしまう?)

★カルト体験 (正邪ではなく、正負で考えた方がよかったと思う)

★カルト体験 (霊的人生観をもつと、個人崇拝に陥りやすくなる? 霊的人生観および霊性進化論の危険性)

★カルト後遺症 (カルトを止めても、その影響は長く続く?)

★カルト体験 (カルトには二度と騙されないために、自分がカルトに引き付けられた原因を反省してみる)

★カルト体験 (親切心から、「このままだと地獄に堕ちるぞ」と脅してしまった話)

★カルト体験 (新興宗教を信じたら、心の冷たい人間になってしまったという話)

「自分は分かっている」という勘違い (宗教と高慢)

『1Q84』 (村上春樹) のなかの気になる一節 (宗教批判っぽいもの三つ)

マインドコントロールのやっかいさ

カルト宗教に蔓延している無神論!

信仰を偽ってもいいのだろうか? (信者の一般人なりすまし問題)

不幸な恋愛と、カルト体験は似ている?

ジャベールみたいだった僕

布教活動がうまく行かない理由とは?

自分しか信じられない人

信者の質が良い宗教は、正しい宗教なのだろうか

カルト信者だった頃に、古典名著を読みあさっていた理由

あばたもえくぼ(教祖が神様に見える理由)

宗教の判断基準(教祖の講演や著書は、参考にならない?)

考えることを止められなかった(カルト団体から脱会した理由)

宗教的な感動は、宗教の正邪に関わりなく起こりえるのだろうか?

イカサマ霊能者は許せない!

神様と話したとか、天使と話したとか言うけれど…

マインドコントロールからの解放(カルトの正体を見抜く)

マインドコントロールのはじまり(2)霊的な教えについて

マインドコントロールのはじまり(1」カルトの手口

信仰と依存

信仰を持つということ(カルトに騙されない方法)

税金と布施(人を知るには、言葉ではなく、行動を見ること)

マインドコントロール解除の方法 (カルトからの脱出)

カルトの見分け方

信仰とプライド(信仰を守っているつもりが、プライドにこだわっていただけだったという話)

ギャラリー
  • 『かがみの孤城』辻村深月著
  • 『「孝経」人生をひらく心得』伊與田覺著
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』半藤一利著
  • 『安岡正篤「こころ」に書き写す言葉』安岡正篤著
  • 『「原因」と「結果」の法則』ジェームズ・アレン著、坂本貢一訳
  • 『偽書が揺るがせた日本史』原田実著
  • 『清張さんと司馬さん』半藤一利著
  • 『「人間」らしさの構造』渡部昇一著
  • 『私の死亡記事』文藝春秋[編]
  • 『超訳 種の起源』ダーウィン著、夏目大訳
  • 『残酷な進化論 なぜ私たちは「不完全」なのか』更科功著
  • 『釈尊のさとり』増谷文雄著
  • 『神秘形而上学入門』平一著
  • 『心經入門 彼岸からのメッセージ』平一著
  • 『精霊の息吹を受けて 溝部司教説教集』溝部脩著
  • 『幸福なる人生 ウォレス伝』渡部昇一著
  • 『国民の修身』渡部昇一監修
  • 『超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか』リチャード・ワイズマン著、木村博江訳
アーカイブ
メッセージ
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ